ハンターレインブーツ 通販

ハンターブーツ通販 正規品の激安情報 最新版!

 

 

 

ハンターブーツを安全・激安に通販する為の情報サイトです!

 

ハンターといえば、「レインブーツ」、「長靴」の、世界最高峰ブランドです。

 

 

世界のセレブが愛用するハンターレインブーツですが、なぜそんなに支持されているのか?について少し解説します。

 

 

ハンターレインブーツの素材は「天然ゴム」です。
合成ではなく、天然というのが1つのポイントになります。

 

 

天然ゴムだから、ハンターレインブーツは柔らかく、剛性があり、強く長持ちするのです。

 

そして色もいいですね。 天然ゴムは、自然な光沢感があり、色を加えた時の発色も非常にキレイで深みがあります。

 

 

そしてハンターブーツといえば、その高いデザイン性ですよね♪

 

あのスリムで高貴なフォルムは世の女性の憧れであり、男性目線でも、「ハンターのデザインを嫌いな男はいない」と言われるほど高い人気があります。

 

 

ハンターには、様々なデザインのレインブーツがありますが、

 

基本的にはハンターの定番、「ハンター・オリジナル ウェリー」

 

このサイトでは主にご紹介していきます。

 

 

 

ハンターの偽物にご注意

 

いままで書いたことは、当然そのハンターブーツが本物であればのお話です。

 

「そんなの当たり前でしょ」と言われそうですが、 とにかく今の日本には、多くの偽物、コピー商品が入って来ています。

 

ハンターも例外ではなく、相当数のハンターの偽物がネット上で売られています。

 

コピー品はどこが違う?

 

ハンターブーツの偽物の特徴ですが、まずゴムの質が悪いというのがあります。 タイヤでもそうですが、天然ゴムは質によって耐久性に大きな違いがあります。 すぐに穴が開く、ヒビが入る、割れるなどの症状が出るのは、正規品では極・極稀なことです。 ですが偽物では普通にあること。 それとブーツ正面上部のロゴの接着ですね。 偽物は曲がって付いている、左右の位置が違う、すぐ取れるなどが多発します。 ハンターのロゴは場所が場所だけに、トラブルが起きたら悲惨この上ない事になります。*もちろん正規品でも、全く曲がっていない、位置が完璧に対照というわけではありません。 ハンターレインブーツのロゴ貼付けは手作業ですので、1mmも違わずということではありません。

 

 

しかも日本を代表するような大手通販サイトでも、堂々と売られているのが現状で、もはや一般の方には、どれが本物でどれが偽物か?なんて判別しようがありません。

 

さらに厄介なことに、ほとんどの通販ショップでは「返品・交換不可」という一文が記載されています。

 

私は「これは合法なのかな?」といつも思うのですが、普通のお店で考えたらありえないようなことですよね。

 

 

もちろん初期不良の場合のみ返品が許されるのですが、それ以外は「写真とイメージが違う」、「サイズが合わない」、「到着が遅すぎる」など、一度注文したら、返品、交換、キャンセル、全て不可能です。

 

これでは通販で買うのが怖いですよね。
HPで「本物」とか「正規品」と謳ってあっても、一見して分かるような偽物が送られてきたらどうしよう?と、誰もが思うでしょう。

 

 

ですがここにハンターレインブーツの本物と偽物を見分ける方法が隠されているのです。

 

 

ハンターレインブーツ本物の見分け方

 

まず、「もうハンターの長靴を持っている」という方は、それが本物か確かめるにはデパートのハンターショップに行くのが一番早く確実です。
店員さんに見てもらってください。

 

ですがこれはすでに買っている場合で、これから購入しよう!という方はどうすればいいのか?

 

そうです、そんな方法があるのです。

 

これは非常に簡単で効果抜群な方法です。

 

それは「返品が出来るショップで購入する事」です。

 

そして、出来ればその期間が長いほうがいいです。
デパートでもレシートがあり、未使用であれば10日ぐらいはOKですよね。

 

*クーリングオフは通信販売には適用されません。 例外は返品・交換不可の文面がない場合のみです。*通常は必ずHPのどこかに記載があります。

 

 

この方法は実に簡単ですが、とても確実です。

 

まず返品可能な期間が長ければ、デパートのショップに持っていく事が出来ます。
持って行かないまでも、確実な本物と見比べる事が可能です。
かなり細かいところまでチェックできますよね。

 

ハンターの偽物、コピーなんて、たいしたつくりではありません。
ソールが曲がって付いていたり、左と右の長さが明らかに違っていたり、不自然なところがいたるところにあると思います。

*ただし本物のハンターでも、ロゴが少し曲がって付いている、微妙に長さが違うなんていうこともあります。特にロゴは水平な場所に置くと、少しずれていることがほとんどです。もちろん歩いていれば全くわかりませんし、置いてあってもまず気が付きませんが・・

 

ですが、そもそも返品を許している通販ショップに偽物はありません。
日本の法律で「通販の販売ページ内に返品交換不可」と記載すれば、返品も交換も応じなくても合法なのですから、
そんなサービスを付けて自分で自分の首を絞めるマヌケはいないでしょう。

 

 

ではどのショップいいか?

 

もうこれは一目瞭然ですね。

 

「Amazon / アマゾン」 です。

 

アマゾンには、マーケットプレイスと呼ばれる「アマゾンに間借りしている他店舗」が存在しますが、ここで推奨しているのはマーケットプレイスではなく、「amazon.co.jp」です。
これは世界最大のネット通販ショップ「アマゾン」の日本法人のことです。
要するにアマゾンの本体ですので、製品に問題はあり得ません。
世界でアマゾンといえば、日本国内にはあり得ない巨大小売企業です。
日本にはアマゾンより規模が大きいデパートも・信用力のある企業も存在しません。
2015年現在、アマゾンと規模で張り合える日本企業はトヨタしかありません。
そんなアメリカを代表する世界的企業「アマゾン」ですから、取り扱い商品への信用度は圧倒的です。*マーケットプレイスは除く。
アマゾン本体か?マーケットプレイスか?の判断は、「Amazon.co.jpから購入する場合」と出ているページで購入することです。
もちろん並行輸入品ですが、アマゾン本体が販売していれば問題ありません。

 

そしてこのアマゾンのサービスに注目してください。

 

「30日間返品可能」

 

そうなんです、30日以内なら返品してもOKです。
まず偽物か本物か?なんていう話自体どうでも良くなるサービスですよね(笑)。
しかも商品購入時は、基本全品送料無料です!

 

ハンターレインブーツも、もちろん送料無料です。

 

そして、価格も激安なのです。

 

ただしアマゾンでは同じハンターブーツでも、サイズやカラーで値段が変わることが多いです。

 

 

例えば(2015年現在)、

 

ハンターオリジナル ウェリー / オーベルジン UK4(23cm) = ¥10200

 

ハンターオリジナル ウェリー / ダークオリーブ UK4(25cm) = ¥10412

 

といった感じです。

 

もっと価格差がある場合もありますし、翌日に変動することもあります。
この辺りは、いかにも外国の企業、そして輸入ブランド品と言った感じですね。

 

 

 

ハンターブーツ正規品 激安情報!

 

ではハンターの正規品、激安情報です。

 

HUNTER ORIGINAL/WELLY

 

ハンター オリジナル ウェリーです。
アマゾンでは左のリンク先ページで、全てのサイズ、全てのカラーをチェックできます。 ですのでサイズやカラーの在庫チェックも簡単、しかも価格も全て知ることが出来ますので便利です。 なお当然、すべてのハンターレインブーツは送料無料です。 発送も速いですので、待たされることはありません(通常時)。 雪の季節や、梅雨時期は爆発的に売れますので、在庫にご注意を! *ショートやグロスタイプ、キッズなどをご覧になりたい方は↓下記の一覧からどうぞ。

 

 

 

全て見たい方はこちら=ハンターレインブーツ激安製品一覧

 

 

ハンターのサイズ

ハンターレインブーツのサイズに関して解説します。

 

まず表記が英国式のUKと、日本のものが両方出ていると思いますが、
あまり気にせず、普通ににほんでいつも履いているサイズを選んでください。

 

ハンターを紹介するサイトや、靴屋さん、ネットショップなどで、
それぞれ推奨のサイズの選びかたがちがうようですが、それも基にせず、
普通にいつものピッタリサイズでOKです。

 

もしそれでキツイ、ゆるいと言う場合は、ご自身のサイズが合っていなかった
可能性が高いです。

 

ハンターはどのブーツでもピタリサイズを推奨します。

 

 

ところで最近良く書かれている「中国製のハンターはサイズも均一では無い」
という噂ですが、どうも時々本当にあるようです。

 

私の場合はラッキーだったのか、メイドインチャイナでもしっかりしたものでした。

 

ハンターレインブーツの口コミなどを読んでいると、左右で全くサイズが違う
などというものも多く見られます。

 

ただあまりにそういう口コミが多い場合は「偽物」も疑ったほうが
いいかもしれません。

 

私は自分で6足持っていて、友人のものや家族の物も見ていますが、
そんなヒドイものは一度も見たことがありません。

 

私が推奨するのは、アマゾンのように完全に信用できるショップで
購入し、ピッタリサイズを選ぶこと、それだけです。