ハンターについて

ハンターについて記事一覧

ハンターレインブーツ(長靴)の人気色について解説します。その前にハンターレインブーツの全色をご紹介します。*ここではハンターオリジナルのカラーに絞って解説します。まず基本の色は↓こちら。赤=レッド ピンク=フクシア 紫=オーベルジン 緑=グリーン青=ブルー ネイビー=ネイビー 黒=ブラック 濃茶=チョコレート白=アイボリー 灰色=グレー 黄色=イエロー*実際は15色+限定カラーです。 この中でやや...

ハンターレインブーツは英国の生まれですが、人気はワールドワイドです。ですので海外どこの主要都市でもハンターレインブーツは販売されています。特に各国を代表するような大都市のデパートであれば、100%の確率でハンターレインブーツを見つけられると思います。そんなグローバルな展開をしているハンターですが、世界各地ではいったいいくらで販売されているのか?それは気になりますよね。日本といえば、過去には世界で最...

ハンターレインブーツは雪の日に履いてもOKなの?もちろんOKです♪子供は雪の日に長靴を履きますよね。ハンターはオシャレなレインブーツですが、本場英国では雨の日の長靴としても普通に活躍しています。 そしてイギリス人(欧州人)からすればそれは普通の認識です。 ですから、雪の日にハンターを履くのはふつうの事なのです。(この程度なら、全然OKです!!)ちなみにハンターは英国・スコットランドが長く本拠地でし...

ハンターレインブーツ 長靴にもアウトレットなんてあるの? と、思う方多いと思います。ただ現在の日本では(世界も同じようなものですが)、単純に割引=アウトレットみたいな言葉の使われ方が多いですね。なのでハンター長靴のアウトレットも、だいたいそんなイメージでOKです。アウトレットとは?ハンター長靴だけの話ではないですが、アウトレットという言葉が使われだした頃のアウトレット商品とは、基本的に「タグ落ち」...

ハンターレインブーツを買おうかな?と考えている時、温度に対してどのくらい耐性があるか心配になるかもしれません。なにしろハンターレインブーツは天然ゴム製です。「真夏のアスファルトで溶けちゃうんじゃないの?」とか、「真冬の氷点下の寒さでは、凍って割れてしまうのでは?」なんて考えてもおかしくはありません。だって「天然」ですから。そしてハンターの国「イギリス」とここ「日本」では機構も違います。さらに海外へ...

ハンターのレインブーツはたくさんの色があるので、いろいろな服に合わせられるように何色か揃えている人も少なくないはずです。しかし、雨の日は泥や汚れが付きやすいことを考えると好きな色だけで選んでしまうと、汚れが落ちにくく長く履くことが出来ないかもしれません。人気がある黒や赤、グリーンなどは比較的汚れが目立ちにくいのですが、白やピンクは汚れが目立ちやすくきれいな色を持続することは難しいようです。それでも...

ハンターのレインブーツを購入したいと思っていても気になるのが、暑い時期の蒸れではないでしょうか?梅雨時期は意外と温度が高いことが多く、ムシムシしていることが多いので、ハンターのようなしっかりとしたレインブーツでは蒸れるのではないかと心配になります。足が蒸れると臭いが気にりレインブーツを人前で脱ぐのが嫌になってしまいます。確かに、ハンターに限らず長靴はゴムでできているため通気性が悪く蒸れやすいと言え...