ハンターブーツの人気色

ハンターブーツの人気色

ハンターレインブーツ(長靴)の人気色について解説します。

 

その前にハンターレインブーツの全色をご紹介します。
*ここではハンターオリジナルのカラーに絞って解説します。

 

 

まず基本の色は↓こちら。

 

赤=レッド ピンク=フクシア 紫=オーベルジン 緑=グリーン

 

青=ブルー ネイビー=ネイビー 黒=ブラック 濃茶=チョコレート

 

白=アイボリー 灰色=グレー 黄色=イエロー

 

*実際は15色+限定カラーです。

 

 

 

この中でやや紛らわしく注意が必要な事を解説します。

 

まずピンクですが、ハンターではフクシア( Fuchsia )と呼びます。
これはお花の色から来ているのですが、日本で言えば普通のピンクでOKです。

 

 

つぎに紫色です。 これが一番面倒なのですが、まずハンターでは
紫の事をオーベルジンよ呼びます。

 

このオーベルジンとは、「ナス(茄子に近いもの)」の事なのですが、
日本のナスのほうが鮮やかな色です。

 

ですので、オリジナルトールでは、かなり濃い紫です。
ですがグロスタイプの場合、鮮やかな紫になりますので注意してください。

 

 

そして白=アイボリーです。 便宜上「白」としましたが、実際の色は
アイボリーですね。 白より微妙にクリーム色がかっています。

 

 

 

それではハンターレインブーツの人気色をご紹介します!

 

これは世界共通の人気なので少し驚きました。
普通は日本と欧米では、好まれる色がちがうのですが、
ハンターに関してはほとんど同じ順番でした。

 

 

 

 

 

まず最も人気があるのが黒=ブラックです。
これは予想通りですね。 ハンターのスマートなフォルムを最も引き立たせる
のは、やはりブラックでしょう。

 

 

次がチョコレートです。 これも定番ですよね。
ブラックと同じように、ハンターのカッコよさを引き立てる色です。

 

 

そして3番目がオーベルジンです。

 

実は4番目はネイビーなのですが、やはりダーク系のカラーが人気なようです。
ダーク系の色はどこに履いていくのにも困らないですし、
どんな服でも基本的には合わせやすいですよね。

 

例えば、式典や冠婚葬祭でレインブーツが必要な時でも、
コンサバなカラーのハンターがあれば、すごく助かりますよね。

 

何となくハンターブーツというと、レッドやフクシア、アイボリーを、本場英国人や
日本の若い人が履きこなしているイメージが有りますが、そうでもないようです。

 

 

ちなみに明るい色では、レッドとアイボリーがダントツ、フクシアが少し離れて
続いていると言った感じです。

 

というとで、みなさん履く機会、回数を考えてカラーを決めていると
いうことでしょう。 そして私もそうなのですが、ダーク系を1個、そして
カラフルなものを1個と、2つ持っている方も多いのでは無いでしょうか?

 

 

こちらで全カラー見る事ができます=ハンターレインブーツ 全種一覧

 

 

ハンターブーツの人気色と全種類関連ページ

世界各国ハンターの価格比較
ハンターレインブーツが世界の主要都市ではいくらで売っているのか?気になりますよね。本場ロンドンは?ニューヨークは?ベルリンでは? サクッとお答えします。
ハンター 雪の日は?
ハンターレインブーツは雪の日には履けるのか?時間が経つと染み込まない?寒くない?滑らない? はい、全部お答えします。
アウトレットとは?
ハンターレインブーツ・長靴のアウトレットとは何なのか?本物可?中国製?不良品?アウトレットって何?
夏・冬、温度は大丈夫?
ハンターレインブーツは天然ゴム製です。そこでちょっと心配になるのは耐熱・耐冷性だと思います。そこで調べてきました、わかりやすく解説します。
色の特徴
ハンターのレインブーツはたくさんの色があるので、いろいろな服に合わせられるように何色か揃えている人も少なくないはずです。
履くときに心配なこと
ハンターのレインブーツを購入したいと思っていても気になるのが、暑い時期の蒸れではないでしょうか? 梅雨時期は意外と温度が高いことが多く、ムシムシしていることが多いので、ハンターのようなしっかりとしたレインブーツでは蒸れるのではないかと心配になります。