世界各国ハンターの価格比較

ハンターレインブーツ、世界ではいくらで買える?

ハンターレインブーツは英国の生まれですが、人気はワールドワイドです。

 

ですので海外どこの主要都市でもハンターレインブーツは販売されています。
特に各国を代表するような大都市のデパートであれば、100%の確率で
ハンターレインブーツを見つけられると思います。

 

そんなグローバルな展開をしているハンターですが、世界各地では
いったいいくらで販売されているのか?
それは気になりますよね。

 

日本といえば、過去には世界で最も物価が高いと言われ、
世界で有名な人気ブランドの価格も世界一高いのは日本なんていう
あまり嬉しくない時代もありました。

 

ですがこの10年以上はニュースや新聞を賑わせているように、
我が日本はデフレ真っ只中です。

 

物価は年々下落し、よく使われる「ビッグマック指数」でも世界的に見ると、
それほど高いランクにはいません。

 

なんと上海のほうが日本よりビッグマックは高いのです!

 

それでは世界の主要都市のハンターレインブーツの価格を比較してみます。

 

 

ハンターレインブーツ、イギリス・ロンドンの価格

 

まずはハンターの母国イングランドです。

 

ちょうどいい事に、イギリスにもJavari があります。
日本のJavari と、イギリスの Javari は、ほとんど同じサービスですので、
価格比較をするには完璧な条件です。
現在、javariはアマゾンに統合されました。

 

普通に考えると、イギリスのブランド品を輸入してるのですから、
日本の方が高いはずですよね。

 

ではどうか?

 

ハンターレインブーツ イギリス価格

 

52.50ポンドから78.99ポンドという表示です。
表示の仕方まで日本のJavariと同じですね。

 

そして肝心な価格のほうですが、2013年11月末のポンドー円レートで
換算しますと(最安値の52.50で計算します)、約8797円となります。
ちなみに上の写真のハンターはオリジナルトール=ウェリー(ブラック)です。
サイズはUK5=24cmです。

 

それでは同日の全く同じウェリーが日本のJavariでいくらだったかというと・・
8146円でした。

 

仕入れの次期や為替レートもありますので、完全に公平な比較と言えない
部分もありますが、通常の買い物を同日にした場合はこれで公平です。

 

この条件でなんと日本の方が安いんですね。
かなりビックリしました。
最近は円安傾向に為替が流れていますが、ドル円でまだ100円ちょっとです。
今までの円相場を考えれば円安と呼ぶにはあまりにも無理があります。
まだまだこの水準なら円高ですよね。

 

ただしこの価格差は為替だけでは無いと思います。
単純にデフレの影響というのもありますし、英国から輸入されているのではなく、
生産国からなので、この結果なんだと思います(スイマセン未確認なので予測です。
もしかすると英国からなのかもしれません)

 

 

世界主要都市のハンターの価格

 

それでは他の都市も見て行きましょう!

 

まずはJavariで比較するのが一番公平なので、アメリカからいきます。

 

ハンターレインブーツ アメリカ価格

 

またまた驚きませんか?

 

なんと100ドルオーバーです! 135.98ドルですから、同日のドル円
為替レートでは、1ドル=102.41円ですから・・・
13925円となります。

 

単純に日英ではほぼ同価格、それに比べアメリカではこの価格です。
やはりアメリカは日本に比べてインフレ傾向にあるというのが一目でわかりますね。
というよりこの価格でも売れているということですので、
日本の景気ってどうなんだろう?と変な心配をしてしまいます(笑)。
笑い事じゃないですね。

 

 

では次行きます。
経済好調と言われるドイツです。
地理的には一番イギリスと近いですが、どうでしょうか?

 

ハンターレインブーツ ドイツ価格

 

ドイツの通貨はご存知のように「ユーロ」です。
上記同時刻のユーロ円レートは、1ユーロ=139.10円です。
最安値表示が99.98ユーロですから・・・
13903円となります。

 

はい、アメリカとほぼ同価格ということですね。
こう見てみると、原産国では無いですが、通常イギリスが一番安いと
考えられますが、実は最安値が日本。

 

ほとんど変わらずイギリス。

 

円換算で3千円以上高いのが、アメリカとドイツと言うことになります。
これはかなり驚きの結果だと思います。

 

ビッグマック指数ならぬ、ハンター指数ですから。

 

いや〜ハンターレインブーツが日本ではお得に購入できることが
分かりましたが、日本経済はちょっと心配ですね。

 

ところでJavari は、日本でも他の国でもハンターの正規販売店です。
ですのでこの価格比較は、そのまま各国の社会を反映している
結果と言えます。

 

とりあえずハンターを買うなら日本が最もお得だと証明されました。
*もちろんJavariで買えばのお話です。

 

日本では↓

 

 

 

 

 

 

世界各国ハンターの価格比較関連ページ

ハンターブーツの人気色と全種類
ハンターレインブーツの人気色と、全ての色を解説します。
ハンター 雪の日は?
ハンターレインブーツは雪の日には履けるのか?時間が経つと染み込まない?寒くない?滑らない? はい、全部お答えします。
アウトレットとは?
ハンターレインブーツ・長靴のアウトレットとは何なのか?本物可?中国製?不良品?アウトレットって何?
夏・冬、温度は大丈夫?
ハンターレインブーツは天然ゴム製です。そこでちょっと心配になるのは耐熱・耐冷性だと思います。そこで調べてきました、わかりやすく解説します。
色の特徴
ハンターのレインブーツはたくさんの色があるので、いろいろな服に合わせられるように何色か揃えている人も少なくないはずです。
履くときに心配なこと
ハンターのレインブーツを購入したいと思っていても気になるのが、暑い時期の蒸れではないでしょうか? 梅雨時期は意外と温度が高いことが多く、ムシムシしていることが多いので、ハンターのようなしっかりとしたレインブーツでは蒸れるのではないかと心配になります。