ハンター 雪の日は?

ハンターレインブーツ 雪は大丈夫?

ハンターレインブーツは雪の日に履いてもOKなの?
もちろんOKです♪

 

子供は雪の日に長靴を履きますよね。
ハンターはオシャレなレインブーツですが、本場英国では雨の日の長靴としても
普通に活躍しています。 そしてイギリス人(欧州人)からすればそれは普通の
認識です。 ですから、雪の日にハンターを履くのはふつうの事なのです。

 

 

ハンターレインブーツ 雪
(この程度なら、全然OKです!!)

 

 

ちなみにハンターは英国・スコットランドが長く本拠地でした。
*現在は発祥の地である英国・エジンバラだそうです。(ハンターの歴史より)
そのスコットランドは雪が多く、寒いことでも有名です。
もともとハンターレインブーツは労働者のブーツとして、スコットランドでスタートしています。
そう考えれば、ハンターレインブーツが雪に強いのは当たり前ですね。

 

 

ハンターが向かない場合もある

 

ハンターレインブーツが雪に強いと言っても、向かない場合もあります。
それは豪雪地で、しかも極寒地の場合は、いくらなんでも厳しいでしょう。

 

 

ハンターレインブーツ 雪
(これはムリです。)

 

こういう場所ではレインブーツではなく、通常スノーブーツが必要になります。
ハンターレインブーツを車のタイヤに例えるなら、スタッドレスタイヤといえるでしょう。
本格的なスノーブーツが、スノータイヤやチェーンを装着したタイヤ、
最近は無いですがスパイクタイヤ、そんな感じですね。

 

ハンターレインブーツは、底に滑りにくい加工が施されていて、
これは雪や路面の凍結にも有効に作用します。
ですが、完全な凍結路面や、数cm以上氷の張った場所では、
さすがに完全に滑らないとは言い切れません。

 

こういった完全に凍った路面が長く続く場所、例えば雪山や北極の
ような場所はハンターに向いていないと言えます。

 

こういった場所では、ハンターのようなレインブーツでは、寒いというのもあります。

 

 

ハンターレインブーツは寒い?

 

見た目的に、ハンターは寒そうですよね。
カタそうですし、冬には向かないんじゃないか? そんなイメージを持たれて
いる方は多いでしょう。

 

ですがそれは心配しすぎです。
先ほどの例のような場所では、さすがにキツイですが、通常の雪程度では
別に問題はありません。 もちろん素足に履いたら寒いですが、真冬に
素足で靴を履く人はいませんよね(笑)。

 

それにハンターには専用ソックスと言う強い味方もあります。
ハンターソックスの詳細はこちら=純正ソックス 靴下

 

また、純正でなくてもハイソックスで十分暖かいです。
ハンターをお持ちの方はお分かりと思いますが、全然靴下を履く余裕も
ありますので、必要以上な心配はいらないと思いますよ。

 

あとは、寒い時期にハンターのゴム割れてしまうのでは?
こう心配されている方もいらっしゃるでしょう。

 

ですがスコットランドも非常に寒い場所です。
確かにマイナス10度以下なんていう日が続くなら割れる可能性もあるかも
しれませんが、通常の使いかたなら、問題はありません。

 

保存中のトラブルを防止するなら、天然ゴムのお手入れグッズでケアすれば
こちらも全然問題なしです。

 

お手入れグッズはいいものをご紹介していますので、
こちら=ハンター専用のケア用品を参照して下さい。

 

 

 

 

ハンター 雪の日は?関連ページ

ハンターブーツの人気色と全種類
ハンターレインブーツの人気色と、全ての色を解説します。
世界各国ハンターの価格比較
ハンターレインブーツが世界の主要都市ではいくらで売っているのか?気になりますよね。本場ロンドンは?ニューヨークは?ベルリンでは? サクッとお答えします。
アウトレットとは?
ハンターレインブーツ・長靴のアウトレットとは何なのか?本物可?中国製?不良品?アウトレットって何?
夏・冬、温度は大丈夫?
ハンターレインブーツは天然ゴム製です。そこでちょっと心配になるのは耐熱・耐冷性だと思います。そこで調べてきました、わかりやすく解説します。
色の特徴
ハンターのレインブーツはたくさんの色があるので、いろいろな服に合わせられるように何色か揃えている人も少なくないはずです。
履くときに心配なこと
ハンターのレインブーツを購入したいと思っていても気になるのが、暑い時期の蒸れではないでしょうか? 梅雨時期は意外と温度が高いことが多く、ムシムシしていることが多いので、ハンターのようなしっかりとしたレインブーツでは蒸れるのではないかと心配になります。