ハンターレインブーツ ケア用品

ハンターレインブーツのお手入れ

ハンターレインブーツのお手入れ方の解説です。

 

ハンターレインブーツ天然ゴム製なので、お手入れは必須となります。
といっても他のブーツに比べれば、もともと防水ですし、汚れもつきにくいので、
お手入れにそれほど面倒な手順はありません。

 

一番簡単なのは、ハンターが出しているケア用品「ハンターレインブーツ専用
ブーツバッファー」というものを使うことです。

 

こちらはリキッド上の保護つや出し剤で、汚れを落とす効果もあります。
ハンター自身が出しているものですので、効果は保証済みですね。

 

 

それからブーツシャインというスポンジタイプの保護つや出し剤もあります。
こちらも汚れも落ちますし、何より簡単ですよね。
ブーツシャインもハンターから出ている公式アイテムです。

 

 

ブーツバッファー125ml

最新ブーツバッファー送料込み

ブーツシャインスポンジ

 

 

 

ハンターブーツが白くなる?

 

しまってあったハンターレインブーツが白くなっている!ということは、よくあることです。
普通に使っていても、ある日白い粉が出ていることに気がつく、なんてことも
ハンターレインブーツではよくあることです。

 

これは天然ゴムの性質上しかたがないことなのです。

 

ですが焦る必要はありません。
これも上記のケア用品でカンタンに綺麗になります。

 

というより、ある程度履いたらブーツバッファーで磨いたり、ブーツシャインで
拭いておけば白い粉もほぼ出ません。

 

 

ですが面白いのは、ハンターの本場英国では、この白い粉を誰も
気にしないのです。 白くなっていても全然平気で履いています。

 

それも一般の方だけでなく、セレブやスターもそうなのです。
これはハンターが、子供の頃から普通に身近にある家庭で育っているから
なのでしょうか? イギリス人にとっては、白い粉なんて気にする必要もない
といった感じです。

 

しかもこれが面白いのは、その適当な履き方がすごくカッコイイんです!
畑や山でドロドロになって履いていても、まるでロックスターのように
イギリス人は履きこなしています。

 

う〜ん、そう見えるだけですかね? でもなんかカッコイイなぁ。

 

 

ハンター専用のケア用品関連ページ

純正ソックス 靴下
ハンターレインブーツ用のソックス(靴下)情報です。寒い季節になるとハンターならこのソックスでしょう!すごくオシャレです。
ウェリーソックス
ハンターのウェリーソックスをご紹介します。ハンターのソックス(靴下)の中でもも最も人気のあるウェリー、デザインもカラーも豊富、カワイイですよ〜
ハンターブーツのゴム臭を消す方法
ハンターに限らずゴム製の靴やレインブーツはゴムのニオイが気になりますよね。 ゴムのニオイはなかなか取れないので狭い玄関ではそのニオイが充満するのではないかと心配になります。